2006年08月16日

おばあちゃんち、行ってきました

秋田の大仙市(旧仙北郡西仙北町)の山奥にある祖母の家は、100年以上続く旧家です。私の父はこの家で育ちました。私が子どものころは飛行機も新幹線も通っておらず、小さな乗用車で何十時間もかけて家族で帰省していました。毎年は行けなかったので、4年に一度くらいだったかなぁ。。
結婚する前・・13年ほど前だったでしょうか。婚約者の夫と一緒にうちの家族と遊びに行きましら、秋田中の親戚が大集合して大宴会を開いてくれていました。「お〜、よぐきたなぁ〜。」到着早々、夫は親戚中に大歓迎され「食べれ、食べれ」「飲め、飲め」でお酒には強いはずだった夫も意識不明の行方不明に。みんなで探しましたら家の近くの道路の真ん中でカエルに囲まれて寝ていたいたと言うのは今でも笑い話となっています。
今回の秋田は4年ぶり。娘が2才の時、従兄弟の結婚式に呼ばれて以来です。祖父のお墓参りもなかなかできず気になっていましたし、「おばあちゃんにみーの顔を見せに行ってやって」とうちの両親の後押しもあって新幹線でビューっと。
玄関UP.JPG
まわりの景色もそうだけど、この玄関も全然変わらないなぁ。
続きを読む
posted by keke at 09:52| Comment(2) | TrackBack(1) | 秋田・盛岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

盛岡、光原社

今度秋田へ行った時は・・いつか、いつか・・とずっと行って見たいと思っていたお店が岩手県・盛岡市にありました。今回はレンタカーを借りたので、祖母宅から盛岡までびゅーんと1時間40分。
モーリオ.JPG モーリオ.JPG
主に東北の民芸・工芸品を扱う雑貨店『光原社』です。堀井和子さんの著書にも度々登場し、他人気のスタイリストさんや料理研究家の方々が度々訪れることでも有名なお店です。ビームスでこちらの雑貨を扱われていたりしたことも。。
続きを読む
posted by keke at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田・盛岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

可否館

中庭を出て右手奥には『可否館』という喫茶店があります。
可否館看板.JPG カフェ店内.JPG くるみクッキー.JPG
小ぢんまりとした店内はコーヒーのいい香りでいっぱいです。そして宮沢賢治ファンの方々(?)で満員。壁にかかっている蜘蛛の絵の色紙は山下清画伯の直筆のものでした。コーヒーもおいしかったけれど、噂の胡桃クッキーもしっとりとして美味しかったなぁ。満足です。
続きを読む
posted by keke at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 秋田・盛岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。